> 申し込み方法の多様性はニーズ!対応した消費差金融の話

申し込み方法の多様性はニーズ!対応した消費差金融の話

申し込み方法を考えた時、街中や郊外などで見かける、
無人契約機を思い浮かべる方も多いかと思います。

歴史的に無人契約機は新しく、90年代初期に導入されたもので、
誰にも顔をあわせることなく、申し込みから融資までを行うことができるとして、
非常に画期的なものでした。

実際に利用したことはなくても、テレビCMなども盛んに行われていましたから、
これらのイメージが強いことも頷けます。

そして最近では、インターネットの普及にともない、
無人契約機まで足を運ばなくても、申し込みが行えるようになりました。

ハイテクシステムとネット環境等の変化に対しスムーズに対応した会社は
今の有名どころばかりかと思います。ユーザーは当たり前の様に利用しているため
僕はネットは、ワシは古い人間だから契約機と選択の多様化が自然と生まれたと
考えられます。結果それはニーズになりその多様性に対応できなくなった会社は
選ばれず衰退したのでしょう。一気に変化が来るサービス業と言っても良いかもしれませんし
その中でも新規申込の手軽さは選ばれる重要なファクターと言えるでしょう。

具体的にどんな申し込みが増えてきたのかを解説していきます。

現代の一番人気か?PCやスマホから申し込み

ここ数年ではPCはもちろん、スマホからの申し込みにも対応してきているのはご存知でしょうか?

スマホの場合は、個人の所有物である場合がほとんどである上に、
カメラ機能を標準で搭載しています。
こういった特徴から、誰にも知られることなく、
カメラ機能によって本人確認書類を撮影して送信することもでき、
回線が利用できるところであれば、自宅に限らずどこからでも、
申し込みを行えるようになっています。

指定口座に振り込み

上記のように、スマホから申し込みを行った場合など、
融資を受けたお金を、指定口座宛に振り込んでもらうことで、
より素早く確実に借り入れを行うことができるようになっています。

ほとんどの業者において、申し込みから融資まで、
30分~40分もあれば完結してしまいますから、
振込みという形での即日融資であれば、口座が動いている15時がリミット。
申し込みと審査にかかる時間を差し引いたとして、
14時過ぎ頃までに申し込みを行えば、その日のうちに指定口座あてに振り込まれ、
融資を受けることが出来てしまいます。

店頭へ足を運ぶ場合であれば、店頭の営業時間の終わりの
およそ1時間前までに入店すれば、即日での融資も可能となります。

このように、非常に迅速な借り入れができるという点は、
消費者金融の最大のメリットだといえますね。