> 審査と融資の限界

審査と融資の限界

消費者金融に限らず、お金借り入れを行う際には、
必ず審査を通過しなければなりません。

この審査において、利用者に返済能力があるかどうかを判断するわけですが、
どういった点が重要視されるのかというと、
年収、勤務先、勤続年数、他社を含む借入残高などです。

これらは、申込用紙に記入する形で自己申告した内容と、
信用情報機関にある、これまでの借り入れ履歴などと照合されます。
ここで、申告内容を偽っていたりすると、ただちにわかってしまいますし、
そのような行為を行ってしまうと、
審査に通るものも通らなくなってしまう場合があります。
ですので、申告内容は正直に記入することが非常に重要となってきます。

他社借り入れは最悪でも3社まで

ここで、他社からの借り入れは何社までであれば融資が可能かといいますと、
おおよそ3社までは大丈夫だといわれています。
ただし、それぞれの借入額や、業者によっても多少は変ってきますので、
3社までというのは、大まかに考えた目安であり、事実1社に抑えておく事が
健全です。他社から借りていることはマイナス印象ですし、3社というのは
複数社からの借入の限界と考えておいたほうが良いでしょう。

また、年収の3分の1までと制限されている総量規制についても、
審査を行う上での重要となってきます。
総量規制については、また別のページでまとめてみたいと思います。

いよいよ融資

審査を通過することができれば、晴れて融資となります。
具体的にどのような形で融資をうけるのかは、いくつかの選択肢があります。

スマホやPCなどから申し込みを行う場合であれば、口座への振込みが便利でしょう。
この場合は、消費者金融のカードは後日郵送か、
もしくは店頭などに取りにゆく形などがあります。

家族に知られたくない場合などで、郵送の場合などは、
会社名を伏せて郵送してもらうなどの対応も可能です。

店頭であれば、直接手渡しという方法ももちろんあります。
無人契約機なら、その場でカード発行と融資を行うことができます。