> 総量規制に絡む新たな借入と多重債務の疑問を解決

総量規制に絡む新たな借入と多重債務の疑問を解決

総量規制とは
個人への貸付を年収の3分の1までに制限するというもので、
2006年から2010年にかけて、段階的に施行された
改正貸金業法において導入されたものです。

この制度が導入された背景には、 多重債務による自己破産や債務整理などを行う人が非常に増えたこと。
こういった多重債務に苦しむ人の救済を目的としての導入でした。

結果として、導入以降は多重債務者の数は減少しましたが、
これは新たな多重債務者を生み出さないという方向での恩恵であったように思えます。

新たな借り入れができなくなった

総量規制の導入によって、それまでに既に多重債務に陥ってしまっていた人は、
他社からの新たな借り入れが実質不可能となってしまい、
もしも、新たな借り入れが必要である場合は、いわゆるヤミ金などと呼ばれる、
違法な業者からの借り入れを余儀なくされました。

違法な業者からしてみれば、こういった多重債務者は、
願ってもない顧客だといえます。
通常であれば、わざわざ違法な業者から借り入れを行いたいと考える人は
まずいないですからね。

そういった意味では、違法業者の営業を少なからず助長するような法律となってしまった。
ともいえなくもない側面もあります。

総量規制の対象外とは

総量規制は、貸金業法の規制ですから、貸金業者に適用されるものです。
ですから、銀行は貸金業者ではないため、総量規制の対象外となります。

このことから、消費者金融業者のいくつかは、
銀行と資本提携を行うなどの対策を講じて、総量規制の対象外となるような、
対応をとってきました。こういった業者がいわゆる
銀行系消費者金融と呼ばれる業者です。

これらの業者は、銀行の持つ信頼性の高そうなイメージも
うまく取り込むことに成功し、消費者金融業者でありながら、
銀行のような信頼感を持っていることで、
ここ数年では非常に注目を浴びている業者だといえるでしょう。